*

デイサービスの開業資金について

デイサービスの開業資金に関しては、物件次第で変わってきます。まず、物件の敷金・礼金・保証金をはじめ、改修工事費用です。そして、デイサービスの運営にかかる備品類や送迎車の購入等が必要になってきます。
土地や建物を所有していない介護事業者はこれら全てを負担しなければなりません。

【※土地や建物を所有していないケース】

■小規模デイサービス

小規模デイサービスのオープンまでの開業資金の平均額は2,079,568円
(※Rキウイが3店舗調査した平均額 トイレの増設は含まない)
当然トイレをもう一つ増設したりすると開業資金が一気に跳ね上ってきます。

 

■通常規模デイサービス

通常規模デイサービスのオープンまでの開業資金の平均額は8,894,400円
(※Rキウイが2店舗調査した平均額 配管工事は含まない)
借主になる介護事業者がデイサービス用として一から全て改修工事を行なえば1,000万円は超えてきます。とくに水回りの配管工事に費用がかかります。

開業後は介護職員の人件費をはじめ毎月の固定費が乗っかかってきます。肝心の売上は介護保険の関係上、2ヶ月後のサイクルで国保連から入金がありますので、軌道に乗るまでの資金繰りは非常に厳しくなると考えられた方が良いです。

ただ、介護事業には、すぐキャッシュが入るサービスがあります!

国保連からの入金が売上を上げた月から2ヶ月後というのは介護保険法で決まっていますが、民間の金融機関の介護事業者向けのサービスを利用すれば、2ヶ月を待たずせずに介護保険給付費の約80%が金融機関から前払いの形で入金してもらえます。

開業に資金を費やし、開業後の資金に余裕がない介護事業者等にはすぐさま資金化が可能となり、資金繰りの改善を図ることができます。

お問合わせはこちらから

 

  • Rキウイお客様専用1
  • Rキウイお客様専用2
  • 小規模オフィス物件
  • 事務所オフィス物件



  •  株式会社Rキウイ
     〒532-0011 大阪市淀川区西中島7-1-3-310
     TEL:06-6390-0011 / FAX:06-6390-0012

     免許番号
      大阪府知事(1)第57446号
     所属団体
      (社)全国宅地建物取引業保証協会
      (社)大阪府宅地建物取引業協会

  • フレボード 介護職・看護職の掲示板です。みんなで情報の共有をしましょう。
PAGE TOP ↑