*

合同会社の特徴と設立手続き

合同会社の特徴と設立手続き

合同会社とは

会社法で新たに設立が認められた持分会社のことで、合名・合資会社ともに無限責任社員が存在しているのに対し、合同会社では全員が有限責任社員で構成されるようになっています。つまり、合同会社(LLC)は、合名・合資会社の持つ自由な内部自治と、株式会社の持つ有限責任性のメリットを両立させた会社形態となっています。
 

有限責任事業組合との違いは

合同会社には法人格がありますが、有限責任事業組合にはそれがないというところにあります。また、合同会社では出資者は配当も報酬も受け取ることができますが、有限責任事業組合については配当のみで報酬を受け取ることができないというデメリットがあります。
そして、合同会社は途中で株式会社に組織変更することも可能です。
 

合同会社の設立手続き

合同会社設立の流れは以下のようになっています。
 

①社員の決定

合同会社は、出資して業務執行を行う社員が1名以上居れば設立可能となっています。
 

②基本事項の決定

会社の目的、社名、事業内容などの会社設立の基本事項について決定します。
 

③定款の作成

社員になる者が定款を作成し、全員がこれに署名もしくは記名押印をします。
 

④出資金の払い込み

出資金の払い込みをします。社員になる者は設立登記前に出資金額を払い込み、入金後は証拠として通帳をコピーします。
 

⑤設立登記申請

設立登記を行います。本店所在地を管轄する登記所に申請を行います。
 

⑥諸官庁へ届出

これについては改めて説明します。

 


 

 
 

  • Rキウイお客様専用1
  • Rキウイお客様専用2
  • 小規模オフィス物件
  • 事務所オフィス物件



  •  株式会社Rキウイ
     〒532-0011 大阪市淀川区西中島7-1-3-310
     TEL:06-6390-0011 / FAX:06-6390-0012

     免許番号
      大阪府知事(1)第57446号
     所属団体
      (社)全国宅地建物取引業保証協会
      (社)大阪府宅地建物取引業協会

  • フレボード 介護職・看護職の掲示板です。みんなで情報の共有をしましょう。
PAGE TOP ↑