*

弔事(通夜・葬儀)のマナー、基本のき!

弔事
冠婚葬祭の中でも事前に日取りを予測できない「葬」は、一般マナーが身に付いているかどうかを試される場といえます。遺族の悲しみを慮り、適切な態度を取る事が求められます。
 

弔事と慶事

弔事と慶事の日程が重なった場合は弔事を優先するのがマナーとされています。人が亡くなり二度と会うことの出来ない弔事と、その人は生きており今後も会う機会のある慶事では、前者の方が重いと考えられている為です。しかしケースバイケースである場合も多く、「娘の結婚式と同僚の葬式」や「親友の結婚式と遠縁の親戚の通夜」など、判断に悩む事も少なくありません。地方や宗派によっても、どちらを優先すべきかの判断基準は変わるでしょう。
 
何が何でも○○を優先!と思い込むのではなく、自分の気持ちや相手との親しさ、周囲との人間関係などから後悔のないよう選択しましょう。弔事を理由に慶事を欠席する場合、欠席連絡時点では欠席理由を曖昧にするべきとされています。お祝い事の場に、不幸を感じさせる話は相応しくありません。後日、改めてご祝儀と共に本当の理由を伝えると良いでしょう。
 

葬儀の服装

通夜と葬儀では、やや服装のマナーが異なります。通夜は「訃報を知って急遽駆けつけた」という体で行われる為、喪服である必要は無いとされているのです。とはいえ、あまりにもラフな格好や派手な服装はやはり相応しくありません。黒っぽい服を着用し、女性であれば大きなアクセサリーや派手なメイクはせずに参列しましょう。
 
葬儀は正式な儀礼の場ですので必ず喪服で参列します。
 
男性であれば黒のダークスーツに光沢の無い白シャツと黒ネクタイ、靴は黒の革靴を着用します。女性はシンプルな黒無地のワンピースまたはアンサンブルを用意します。パンツでもスカートでも構いませんが、スカートは膝丈以上である事、上着・シャツ共に七分袖は避けることを念頭に置きます。靴はヒールの低い黒革靴がベストです。メイクやアクセサリーは最小限に。葬儀の場ではデザインの凝った服や光沢のある生地、下地が透ける素材や肌を見せる服装は避けましょう。 
 

葬儀の基本的なマナー

通夜・葬儀の流れやマナーは、故人の宗教や宗派によって異なります。会場の広さや参列者数、故人の考え方などで、一般的とされる流れが大きく変わる場合も少なくありません。あらゆるケースを想定し身に付けることは不可能に近いため、基本である「弔意を示す」ことを第一に考えて周囲の振る舞いにならい行動しましょう。
 
葬儀の場においては、大きな声や歯を見せて笑う行為は相応しくありません。お悔やみの場であることを意識し、普段よりも声や動作を控えめにする様心がけましょう。また香典は現金でそのまま渡してはいけません。必ず香典袋と袱紗に包みましょう。
 
慶事と異なり、「取り急ぎ用意しました」という意味を込めて古いお札を包むのが一般的とされています。どうしても新札しか用意できない際は軽く折り目をつけるとよいでしょう。通夜後は「通夜ぶるまい」という食事が提供されることもあります。個人との最後の食事を意味しており、遠慮せず箸をつけるのがマナーです。ただし長居や深酒はNGとなっています。
 

遺族への声かけ

一般的に通夜や葬儀には多くの人が訪れる為、遺族との個人的な長話は避けるべきとされています。大切な人を亡くした直後に、大勢の訪問客を迎えなければならない遺族の負担は重いもの。親しい相手に慰めの声をかけたい気持ちは当然のものですが、そういった話は、後日、遺族がある程度落ち着いた頃合を見計らって行うべきでしょう。 
 
遺族に声をかける場合、「悲しいことです」や「お辛いでしょう」といった直接的な表現は避けます。近しい人を亡くしたばかりの遺族に、つらい気持ちを再確認させてしまう恐れがあるためです。基本的には「この度は誠にご愁傷様でございます」といった、短い決まり文句を使用します。
 
またやむを得ず葬儀に参加できなかった場合、或いは葬儀後に訃報を知った場合は、できる限り早く電話や手紙で弔意を示しましょう。その際、不幸が重なることを連想させる重ね言葉や、死や苦を連想させる忌み言葉、死や不幸を直接表す言葉の使用は避けます。電話、手紙共に手短に済ませるのがマナーです。自宅へのお参りを断られた場合、それ以上食い下がってはいけません。
 

近年は葬儀の形も多様化しており、「笑顔溢れる賑やかな葬儀にしてほしい」「家族だけで見送りたい」「お洒落な服装でパーティのような葬儀がいい」といった故人や遺族の希望が反映された葬儀も増えています。基本の作法を頭に留めつつ、亡くなった方が最も望む形で最後のお見送りをする、という気持ちで参列する事が重要です。

 


 

 
 

  • Rキウイお客様専用1
  • Rキウイお客様専用2
  • 小規模オフィス物件
  • 事務所オフィス物件



  •  株式会社Rキウイ
     〒532-0011 大阪市淀川区西中島7-1-3-310
     TEL:06-6390-0011 / FAX:06-6390-0012

     免許番号
      大阪府知事(1)第57446号
     所属団体
      (社)全国宅地建物取引業保証協会
      (社)大阪府宅地建物取引業協会

  • フレボード 介護職・看護職の掲示板です。みんなで情報の共有をしましょう。
PAGE TOP ↑