*

おごる時、おごられる時のマナー!お互い気持ちよく食事をしよう!

おごる時、おごられる時のマナー
古い言い回しになりますが、「飲みニケーション」という言葉が存在するように、職場の人々と飲食の場を囲む機会は、社会人であれば多くの人が経験したことでしょう。そういった場では、支払いを特定の誰かが持つ光景も珍しくありません。お互い気持ちよくおごりおごられる為の基本的なマナーを知っておきましょう。
 

おごる側の心得

自分の部下に、あるいは日頃お世話になっている上司にごちそうしたいと思った時、ストレートに「今日はおごりますよ」と言いたくなるでしょう。しかし「おごる」「ごちそうする」という言葉は避けるのが無難です。
金額の多寡に関わらず、金銭を出す側は立場が上になってしまいがちなもの。おごられた側には少なからず「相手にお金を出してもらった」という負い目を感じてしまいます。そこに、当人にそのつもりは無くとも恩を着せるような発言をしては、相手に無用な負担をかけてしまいます。
 
若年層では男女を問わず割り勘または個別会計が一般的となっているだけに、金銭負担を強く意識させる言動は控えましょう。同様に、料金を支払う姿を見せないこともマナーの一つ。可能であればカードで支払うと良いでしょう。現金で支払う場合、予算には余裕を持って準備をしましょう。
 
相手がおごられる事に抵抗感が持っているような場合は、金額の一部を負担してもらう(一人当たり飲食代が3000円の場合、1000円だけ徴収するなど)と、おごられる側の心理的な負担を軽くする事が出来ます。
 

おごられる側の心得

まず心がけるべきは、原則支払いの意思は持つものであるということ。相手が年長者だから、上司だから、おごると言ってくれたから……理由はどうあれ、おごってもらって当然という態度はいただけません。また高いものばかりを頼む又は安いものばかりを頼むのも遠慮した方が無難です。相手の意思とはいえ金銭的な負担をかけすぎるのは望ましくありませんし、逆に遠慮が過ぎると「見くびられているのでは」と思われ、相手に不快な思いをさせかねません。
 
判断に迷う時はおごる側が注文しているものと同じぐらいの価格帯から選ぶと良いでしょう。勿論、相手側から「もっと頼んで良いよ」と促された場合はその限りではありません。また支払う姿を注視するのは不躾です。レジの傍に立たない、あるいは敢えて視線を逸らすといった配慮を行いましょう。
 
また、ごちそうになったお礼は欠かさずに。相手がおごる意思を見せた際、会計の後、翌日、の3回がタイミングです。物品を送ると逆に恐縮させてしまうので、言葉でのお礼か、次回は自分がごちそうする意志を見せるといいでしょう。
 

金銭が直接動く場には、金銭的な負担と共に精神的な負担も少なくないものです。それはおごる側、おごられる側、どちらにとっても同じことでしょう。楽しい食事の場を実現するには双方の配慮が欠かせません。人としての思い遣りを考えながら、気持ちよくコミュニケーションを図りたいですね。

 


 

 
 

  • Rキウイお客様専用1
  • Rキウイお客様専用2
  • 小規模オフィス物件
  • 事務所オフィス物件



  •  株式会社Rキウイ
     〒532-0011 大阪市淀川区西中島7-1-3-310
     TEL:06-6390-0011 / FAX:06-6390-0012

     免許番号
      大阪府知事(1)第57446号
     所属団体
      (社)全国宅地建物取引業保証協会
      (社)大阪府宅地建物取引業協会

  • フレボード 介護職・看護職の掲示板です。みんなで情報の共有をしましょう。
PAGE TOP ↑