*

「代理」の攻略法。

宅地建物取引士

takken-dairikouryaku

今回から宅建の代理について学んでいきます。

この分野からは過去10年間で9回出題されている超頻出項目となっています。

内容的には基本的な問題が多いので、しっかりと勉強すれば確実に1点稼げる分野です。

代理については様々な制度が設けられていますが、その中でも特に重要なのが「無権代理」についてで、「無権代理人の相手方の保護の制度」はしっかり学びましょう。

また、この代理については事例式の問題が出題されることが多々あるので、図を描いて登場人物の関係をしっかり把握するとよいでしょう。

 

代理制度とは

(1)代理とは

売買契約を結ぶ際に、本人が直接相手方と交渉して契約を結ぶこともあれば、代理人を立てて、代理人が相手方と交渉して契約を結ぶことがあります。

このようなことを代理といいます。

たとえば、Aさんが、Bさんに代理人となってもらい、自分の持っている家をCさんに売却したいという場合、Aさんの家を買ってもらうかどうかといった交渉は、BさんとCさんの間で行われます。

交渉の結果、売却することになった場合は、代理人であるBさんは交渉して契約をするだけであって、契約の効果そのものはAさんと相手方であるCさんに生じます。このように、契約を結ぶのは代理人ですが、あくまで代金を支払ったり、家を引き渡してもらうのは本人と相手方ということになります。

(2)代理の要件

代理とは非常に便利な制度ではありますが、代理人の交渉があれば必ずしも本人と相手方で契約が生じるわけではありません。

たとえばAさんの家を、Bさんが無断でCさんに引き渡さなければならないとしたときは、Aさんがかわいそうですので、本人と相手方との間で契約の効力が生じるためには、①代理人に代理権があること、②代理人が相手方に「自分は本人の代理である」ということを示すこと、③代理行為が行われること、という3つの条件をクリアする必要があります。

 

【「LEC東京リーガルマインド 2015年版出る順宅建合格テキスト」から一部抜粋。】

  • Rキウイお客様専用1
  • Rキウイお客様専用2
  • 小規模オフィス物件
  • 事務所オフィス物件



  •  株式会社Rキウイ
     〒532-0011 大阪市淀川区西中島7-1-3-310
     TEL:06-6390-0011 / FAX:06-6390-0012

     免許番号
      大阪府知事(1)第57446号
     所属団体
      (社)全国宅地建物取引業保証協会
      (社)大阪府宅地建物取引業協会

  • フレボード 介護職・看護職の掲示板です。みんなで情報の共有をしましょう。
PAGE TOP ↑