*

「意思表示」の攻略法(その④)。

宅地建物取引士

takken-ishihyouji4

今回は心裡留保についてです。今回は具体例も交えて説明を行います。

しっかり学びましょう。

 

心裡留保とは。

真意(本心)ではないことを自分自身で知りながら意思表示をすることを心裡留保といいます。

この心裡留保による意思表示は原則として有効です(民法93条本文)。

自分自身では本心でないことを知りつつ、あえて意思表示をしているので自業自得といえます。

しかし、常に有効なわけではなく、冗談を真に受けるほうも軽率であることから、相手方が意表者の真意を知り、または知ることができたとき(悪意または善意有過失のとき)は、その契約は無効となります(民法93条但書)。

 

宅建士が仕事で使う条文

<民法>

第93条(心裡留保)

意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。

ただし、相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたときは、その意思表示は無効となる。

 

公序良俗に反する契約

契約の内容は、当事者が自由に決められるということを契約の自由の原則といいます。

また、契約を結んだ場合に、その契約を守らなければならないとするのは不都合なため、反社会性を帯びた契約を公序良俗(=公の秩序または善良の風俗)に反する契約といいます。

そして、その内容の契約を守るわけにはいきませんので、公序良俗違反による契約の無効は、善意の第三者にも対抗することができます。

 

【「LEC東京リーガルマインド 2015年版出る順宅建合格テキスト」から一部抜粋。】

  • Rキウイお客様専用1
  • Rキウイお客様専用2
  • 小規模オフィス物件
  • 事務所オフィス物件



  •  株式会社Rキウイ
     〒532-0011 大阪市淀川区西中島7-1-3-310
     TEL:06-6390-0011 / FAX:06-6390-0012

     免許番号
      大阪府知事(1)第57446号
     所属団体
      (社)全国宅地建物取引業保証協会
      (社)大阪府宅地建物取引業協会

  • フレボード 介護職・看護職の掲示板です。みんなで情報の共有をしましょう。
PAGE TOP ↑