*

「時効」の攻略法(その4)。

宅地建物取引士

takken-jikou4

時効の攻略法4回目となる今回は、時効の援用・放棄等について学んでいきましょう。過去10年間のうちでも出題率はやや高めです。

ポイントを抑えて点に繋げるようにしましょう。

 

時効の援用・放棄等

(1)事項の援用

(a)援用って?

時効期間が経過した場合でも時効を主張することができますが、それでは納得できない人も居るはずです。

そこで法律は、時効を主張するか否かは、当事者の判断に任せることとなっています。また、時効を主張することを時効のの援用といいます(民法145条)。

なお、時効の援用も権利の濫用となることがあり、その場合は時効を援用することを認められません(民法1条3項、判例)。

(b)援用が制限される場合

時効完成後に債務の承認がなされた場合、相手方はもはや時効は援用されないと期待するのが通常で、それにも関わらず、時効の援用を認めてしまうと相手方の期待が害され、相手方が不測の損害を被るおそれがります。

そこで、判例においては、時効完成後に債務の承認をした場合、時効の完成を知らなかったときでも、信義則上、その債務について事項を援用することは許されないとしていいます。

(2)時効の利益の放棄

時効を援用するかどうかは本人の自由であり、時効を援用しないという意思を表明することもできます。

その意思を表明することを「時効の利益の放棄」といいます。

ただし、この時効の利益の放棄は、時効の完成前にはできないことになっています(民法146条)。

(3)時効の遡及効

時効が完成すると、その時効の効果は、その起算日にさかのぼって生じます(時効の遡及効、民法144条)。

 

【「LEC東京リーガルマインド 2015年版出る順宅建合格テキスト」から一部抜粋。】

  • Rキウイお客様専用1
  • Rキウイお客様専用2
  • 小規模オフィス物件
  • 事務所オフィス物件



  •  株式会社Rキウイ
     〒532-0011 大阪市淀川区西中島7-1-3-310
     TEL:06-6390-0011 / FAX:06-6390-0012

     免許番号
      大阪府知事(1)第57446号
     所属団体
      (社)全国宅地建物取引業保証協会
      (社)大阪府宅地建物取引業協会

  • フレボード 介護職・看護職の掲示板です。みんなで情報の共有をしましょう。
PAGE TOP ↑